So-net無料ブログ作成

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

フリード シエンタ ブログトップ

フリード シエンタ 荷室 奥行き [フリード シエンタ]

フリードとシエンタ、荷室の奥行きが以外に違うみたいです。

シエンタは2列目を格納すると、180cmほどの奥行きになります。
一方フリードは、フリードプラスでも2列目を格納した時の奥行きが最大で164cmです。

ただ、フリードプラスで荷室部分で大人がまっすぐに寝ることができると言うので、フリードプラスはもうちょっと余裕がありそうな印象があります。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

フリード シエンタ [フリード シエンタ]

フリードとシエンタを比較すると、価格面ではシエンタが優位かもしれません。

本体価格がシエンタが「168万~232万」なのに対して、フリードは「188万~272万」の価格帯。

値段については値引き次第、というところもありますが、トヨタの方が値引きが渋いお店は渋いかも。
結局は値段的には同等レベルということになるのかもしれません。

フリードとシエンタ、機能的に一番違いを感じるのは安全支援装備。
フリードが「ホンダセンシング」で、シエンタは「トヨタセーフティセンスC」。

シエンタの「トヨタセーフティセンスC」には自動ブレーキでの歩行者検知機能がありませんが、フリードの「ホンダセンシング」には歩行者検知の自動ブレーキが装備されます。

ただ、全体的にトヨタは安全面の装備について、実性能よりも控えめに言うところがあるので、もしかすると実際はホンダセンシングと同等ぐらいはがんばってくれるんじゃないかと思ったりもします。

「ホンダセンシング」のはっきりとした優位点は、先行車追随クルーズコントロールがあるところです。これはシエンタの「トヨタセーフティセンスC」には装備されていません。

プロパイロットの自動運転まではいきませんが、高速道路でアクセルとブレーキ操作をある程度任せられるというのは、長距離を運転する際は非常に便利です。

特に、車を使うのは長期休暇の旅行などやレジャーを想定している方には心強い装備です。


そういえば、フリードとシエンタだけではなくソリオも比較対象にしている方も多いと思いますが、ソリオを含めた比較はまた今度の記事で(^^)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
フリード シエンタ ブログトップ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。